男性

ハチ駆除の知識を身につけて自分でできるものかを判断しよう

害獣の処理は業者に依頼

蜂の巣

処理しにくい物も大丈夫

アライグマは、本来北米から南米にかけて生息域にしている動物です。それが日本にペットとして持ち込まれ、飼いきれない分が野生化して繁殖していったといわれています。元々ペットとして持ち込まれた経緯があるだけあって、アライグマは外見上は大変かわいらしい動物です。それがあるため、駆除にためらいを感じる方もいます。また鳥獣保護法の対称なので、個人が許可も取らずむやみに駆除すれば法的な処分を受けかねません。そのためアライグマの駆除は、役所か専門業者に依頼するのが適しています。確かにこの方が、自分で罠を仕掛けたり死骸を片付ける必要はありません。面倒で罪悪感を感じる作業もこれなら簡単にすませられるので、利用者にもおおむね好評となっています。

放置しないのが大切

アライグマの駆除は、作物をはじめとした生活にかかわる物を保護するうえでも必要です。かわいい外見にほだされて、無駄に情けをかけるのはやめましょう。アライグマを放置すれば、そのまま繁殖していき人間の作物に被害が及びます。それだけでなく、家に入り込んで営巣したりする可能性も否定できません。そうなれば家の壁や天井裏がアライグマの糞尿にまみれて、臭いや建物の傷みに悩まされることになるでしょう。それ以外にも飼育しているペットに対する被害や、ダニやノミなどの害虫を家中にばらまかれかねないはずです。こんな場合でも駆除業者に依頼すれば、アライグマの駆除から予防対策までしてくれるので手間がありません。被害が小さなうちに手早く問題を解決するためにも、駆除は作業に慣れている専門業者に任せるべきです。