男性

ハチ駆除の知識を身につけて自分でできるものかを判断しよう

スズメバチに似てるが益虫

作業員

益虫だけど危険です

アシナガバチという蜂をご存じでしょうか。大きさはスズメバチを少し小さくしたような外見をしています。しかしスズメバチに比べると、おとなしく攻撃性が少ない蜂です。外見はスズメバチに似ていますが、スズメバチがオレンジや赤を基調とした色に比べ、アシナガバチは黄色や黒を基調にした色合いになっています。食べ物は虫や芋虫を主食にしているため、一般的には益虫として分類されます。また巣にも違いがあります。アシナガバチの巣は蜂独特の八角形の巣が露出したような構造になっています。スズメバチは徳利のような丸いボール型になっているので見分けることが可能です。昔からアシナガバチは洋紙に、スズメバチは和紙のような質感に例えられることがあります。

飛び方でも判別できます

スズメバチの中にも、実はアシナガバチと似たような外見をしたキイロスズメバチという種類もいます。しかしスズメバチとアシナガバチには決定的な違いがあります。それは飛び方です。スズメバチは飛ぶ時に特徴的な羽音があります。ブーンと低い羽音がしたらスズメバチに間違いありません。アシナガバチはふらふらと飛んでいるため、判別が可能です。もしアシナガバチと思われる巣を発見したら、駆除はとても簡単です。しかし毒性が少ないとはいえ、刺されるとアナフィラキシーショックを起こしたという事例もあるため、注意が必要です。もし巣の位置が難しい所にあったり、駆除しにくいようであれば、業者に委託すると良いかもしれません。自治体によっては無料で巣の撤去をしてくれるところもあります。一度調べてみる事をおすすめします。